ホーム

【プレオープン期間8/31までは完全事前予約制です】

ドローンフィールド相模湖は、ドローンレースから産業ドローンまで全てのドローンの飛行が可能な屋外総合ドローンスタジアムです。
プレジャーフォレストさがみ湖の園内に位置し、宿泊や温泉、バーベキューから遊園地まで、ビジネスでもプライベートでも楽しめます。
ドローンのフィールドは、面積約20,000平米と広く、ドローンレースフィールドと産業ドローンフィールドは常設の金網フェンスで別れています。

 

お申込みフォームはこちら

ドローンフィールド相模湖 Cup Vol.1開催
日時:2018.8.25(土)
FPVスピードドローンレース
エントリーはこちら

今月のFPVドローンレースコース

利用案内

7/22~8/31はプレオープン中につき、利用料金が割引となります!
完全事前予約制です。ぜひ起こしください♫

法人利用:7万円→3.5万円
個人利用:7,000円→3,500円(半日4時間2000円)

営業日程・時間

プレオープン期間は事前予約制です。
基本営業時間は午前10時から午後6時までです。
時間外での対応も可能です。

お申込みフォームよりご相談ください。

■法人利用

産業、農業、測量、研究開発、空撮など全ての産業用ドローンのフライトテストフィールドとしてご利用することが可能です。貸し切り利用や夜間利用、山の起伏を利用した実験など、柔軟に対応可能です。お気軽にご相談ください。

◇共同利用
1日利用(10時~18時)70,000円(最大3組)
半日利用(10時~14時、14時~18時)40,000円(各最大3組)

◇貸切利用(ドローンレースフィールドもすべて含む)
・1日200,000円
・半日100,000円

◇オプション
・障害物の移動、調整:要相談
・時間外・夜間対応:要相談
・ドローン機体のレンタル(初回操縦基本レッスン付):10,000円~
・プロパイロット操縦サポート:30,000円~

■個人利用

FPVスピードドローンレースなどレース競技やホビーでのご利用まで、常設のフラッグやゲートなどのご利用が可能です。

◇共同利用
1日利用7,000円
半日利用3,500円

◇貸切利用(どちらかのフィールドのみ)
1日100,000円
半日50,000円

◇オプション
障害物の移動、調整:要相談
プロパイロット操縦サポート:30,000円〜

※さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト入場ゲートにて、
駐車料金を一度お支払いいただきますが、園内温泉施設
「さがみ湖温泉 うるり」をご利用いただくと駐車料金1,000円
をご返金いたします。
(「駐車料金の領収書は必ずお取り下さい。領収書がない場合、駐車料金は
ご返金できませんのでご注意下さい。)

【共通設備】
・打合せや休憩に冷暖房完備のキャンピングカーのご利用が可能です。
・洋式水洗トイレ5室(ドローンフィールド横)
・コンプレッサー完備
・飲料自動販売機(ドローンフィールド横)
・水道設備(ドローンフィールド横)
・ナイター水銀燈:要相談
・バーベキュー設備および食材セット(別料金)
・温泉施設(園内車で7分/別料金)
・キャンプ場宿泊(別料金)


休憩、打合せ可能な冷暖房完備キャンピングカー(オプション)


食材持込、食材付きバーベキューが可能(オプション)


園内にある温泉施設 さがみ湖温泉 うるり(別料金)

イベントカレンダー

実際の予約状況が反映されていない場合がありますので、
予約フォームよりご希望状況をお伝え下さい。

アクセス

ドローンフィールド相模湖(総合グラウンド)

住所:神奈川県相模原市緑区若柳1634番地
さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト内

園内マップ

車でキャンプ・バーベキューエリア方面へ
宿泊受付手前のY字路を右へ
道なりに山を登ると総合グラウンドに付きます。
テント付近に駐車してください。

※工事などにより、裏口より入場する場合があります。【通常はしまっています】
裏口入場口:https://goo.gl/maps/JgNQyKb9m8o

高速道路アクセス

プレジャーフォレストへはJR相模湖駅からバスで移動可能ですが、入口からドローンフィールド相模湖までの園内アクセスが徒歩になります。(徒歩約60分)

運営

■ドローンフィールド相模湖運営
一般社団法人日本ドローンレース協会 
株式会社ピカ

一般社団法人日本ドローンレース協会は、ドローンレースを通して様々なドローンの活用や人材の育成、ドローンの普及を促進しております。

過去のレースイベント

〜2016年〜
3月 アジアのドローンレースの普及促進を目的に、日中韓の3カ国でアジアドローンレース協会(ADRO)を共同設立。
6月 日本最大規模のドローンレース”Japan Drone Nationals”主催。世界大会へ日本代表選手派遣

     日本最多集客人数(当時)となる1766人の観客を魅了。TBS-BS.CSで放送、GyaOで動画配信。

8月 ADROで韓国釜山大会、中国深セン大会を共催、日本代表選手を派遣
11月 関西・東北・四国・関東に支部レース協会を設置し、12月に全国ドローンレース選手権を4箇所同時開催を行う。
12月 各国のドローンレース協会とInternationalDroneCommissionを設立し、JDRAが日本からボードメンバーになる。

        全国ドローンレース選手権主催。日本最多参加者となる105人のエントリー
〜2017年〜

1月 千葉県君津市にてアマチュアドローンレースを開催
2月  第三回JapanDroneChampionship in ハウステンボスを主催し過去最大級のドローンレースとなり、国内外で注目
3月 海外の主要レース団体を国内に招致し、ドローン系カンファレンスに数多く登壇。東京都内でドローンの製作会を開始。

4月 南福岡自動車学校で初めてのドローンレースエキシビジョン・体験会・セミナーの総合パッケージを展開

6月 つくばで「イノフェス2017」でドローンレースエキシビジョンや体験会を開催

7月 JAPAN DRONE NATIONALS 2017 in SENDAI を開催し世界トップパイロットを招待し本格的な国際レースが初めて行われた

8月 愛知県と共催する「ドローン親子教室」を開催し延べ250名の親子が参加

島根県出雲市のショッピングセンターで気軽に楽しめる「マイクロドローンレース」を初開催

9月 西尾市青年商工会議所と共催でドローン体験会やレースエキシビジョンを開催

10月 名古屋のメイカーズピアという複合商業施設でローンエンタメパッケージ(レース・縁日・体験・空撮)をサービス開始

JDRA TinyWhoop Japan Cup 2017シリーズ開幕。

福島県南相馬市でジオラマ風に町並みを再現したマイクロドローンレースを開催

11月 世界初となる障害物ドローンレース「NINJA DRONE 忍」をリリース(経済産業省・福島県後援)

〜2018年〜
1月 ドローンエンタメ大学校を開設

2月 世界初の小学生のプログラミングドローンレースをサイバーエージェント社と共催

3月 高低差30mの林間ドローンレースを開催、視聴者1.5万人

7月 JDRA TINYWHOOP JAPAN CUPシリーズ戦が13回開催!!